Severine2

セヴリーヌ・フレルソン

 

つながりと憧れ

セヴリーヌ・フレルソン。

メゾン ペリエ ジュエの第8代最高醸造責任者に就任した彼女は、強くて自立した性格の持ち主です。その彼女が特別な親しみを抱いているのが、ピエール・ニコラ・ペリエと共にメゾンを創立したローズ・アデル・ジュエです。

彼女がメゾン のアーカイブを紐解いたとき、ローズ・アデル・ジュエが、訪問者たちを迎え、メゾンの案内人になり、メゾンそしてキュヴェを紹介するという重要な役目を果たしていたことを目にしました。

それは、彼女がとても大切にしていることに重なります。彼女が大切にしていること、それは、人と人との交流であり、多文化が共生していくこと、さらに、彼女自身が示す考えなのです。

わたしはデザイナーデュオのミシャ―'トラクスラー

ペリエ ジュエのコラボレーション作品「Ephemera(エフェメラ)」に

強く惹かれます。

それは、シダ、菌類、花など、様々な植物のモチーフがはめ込まれているオーク材の大きなテーブルなのですが

自然との関係や生命の本質について様々な疑問を投げかけてくれます。

Severine3

ワイン テクスチュア

セヴリーヌがワインテイスティングで強調するのは、"テクスチュア"です。

幼い頃、ブドウ畑の葉やブドウに触らずにはいられなかった記憶が蘇ってきます。

彼女は20年以上に渡り、触感を磨いてきましたが、それが、嗅覚と同じくらい重要になってきました。

現在、彼女は最高醸造責任者として、メゾン ペリエ ジュエがキュヴェを通じて表現する花と、彼女自身が表現する質感/触感を結び付けた、革新的なアプローチでチームを引き込み、より高い精度と完璧さを目指しています。

 

持続可能な未来

メゾン ペリエ ジュエの8代目最高醸造責任者として、メゾンのスタイルと品質を永続させ、新しい時代へと導くことが、彼女の使命だと考えています。

創業以来、自然と共生しながら進化してきたメゾン ペリエ ジュエは、環境への取り組みを強化し、高い目標を掲げています。

気候変動の変化に対応し、より持続可能な新しいブドウ栽培方法の先頭に立つことは、セヴリーヌ・フレルソンが今後数年間で解決していきたい課題のほんの一例に過ぎません。

彼女の挑戦は続きます。彼女の情熱、インスピレーション、信じられないほどのエネルギーと創造性に頼りながら。

私のお気に入りのキュヴェは

ペリエ ジュエ ベル エポックのブラン・ド・ブランです。

このキュヴェは、目利きのためのキュヴェであり

シャルドネの真髄です。

このページをシェアする

Pre register
to become a member