ペリエ ジュエ

歴史

メゾン ペリエ ジュエが持つ独特な魅力をご覧ください。

Maison Belle epoque
Interior of Maison Belle Epoque

歴史

魅力の源である自然

ピエール・ニコラス・ペリエとローズ・アデレード・ジュエは、同じ思いで自然と芸術への愛を感じていました。ローズはノルマンの商人の家に生まれた文化的な若い女性で、ピエールは優れたワイン醸造家であり植物学者でした。結婚から1年後の1811年に創業されたメゾン ペリエ ジュエは、他とは違うシャンパーニュのメゾンを作りたいという二人の願望から生まれました。

 

創業者の芸術、自然、そしてシャンパーニュへの情熱は、世代を超えて受け継がれています。父と同じく植物学者であった息子のシャルル・ペリエは、1848年にメゾンを引き継ぎました。自由な創造性をもって、型にはまらずに自然を観察するという家族の哲学は、シャンパーニュの歴史の中で本質となっています。この価値観が、現在のメゾン ペリエ ジュエを形作っています。

Belle epoque cuvee

歴史

独自の遺産

自然界の優美でしなやかなフォルムに影響を受けたアールヌーヴォーは、19世紀後半にヨーロッパで開花しました。この運動の活力と自由な創造性は、20世紀の前衛芸術への道を切り開きました。アールヌーヴォーの精神は、自然を再考察し日常生活に喜びを与えることでした。

 

メゾン ペリエ ジュエのアールヌーヴォーとの親和性は、1902年にエミール・ガレがメゾンのために描いた、象徴的なアネモネのモチーフに最もよく表れています。今日では、芸術と自然の永遠の結び付きは、芸術的なコラボレーションによって、意味深い体験としてのラグジュアリーを再考察する華やかな世界につながります。

メゾンを見る > メゾン ベルエポック

Perrier and Rose
1811

「彗星の年」:ピエール・ニコラス・ペリエとローズ・アデレード・ジュエが創業したシャンパーニュメゾンの誕生。

belle epoque 1902
1842

ペリエ ジュエ初のブリュットシャンパーニュであるキュヴェKを誕生させ、ブリュットスタイルを世に広め、多くの王侯貴族の間で人気となりました。

Octave Gallice
Perrier Jouet belle epoque
1902

オクターブ・ガリスは、エミール・ガレにペリエ ジュエのキュヴェのボトルデザインを依頼し、メゾンの象徴となる日本アネモネで装飾された有名なボトルが誕生しました。

Cellier Maison Belle Epoque
Perrier Jouet Cellar interior
1964

エミール・ガレが描いた4つの特注マグナムが、セラーマスターのアンドレ・バヴェレによって再発見され、「ベルエポック キュヴェと名付けられた、今や象徴となったフローラルなキュヴェが誕生しました。

Maison Belle Epoque Art Installation
maison belle epoque interior
1991

ベルエポック メゾンは、19世紀末に建てられた邸宅で、敷地内にはガレ、マジョレル、ラリック、ギマールなどのアールヌーヴォーの巨匠による200点以上の家具、テーブルウェア、ガラス製品、ランプ、彫刻などが展示される、ユニークなアールヌーヴォー建物として再オープンしました。

Cellar Master Severine Frerson
2020

2020年10月、セヴェリーヌ・フラーソンは、メゾンの第8代セラーマスターとなり、メゾンの歴史上、初の女性の役職者となりました。

Pre register
to become a member