Pierre Gagnaire

ピエール・ガニェール

  

直感が導く料理

自らの直感に従う料理人、ピエール・ガニェールは世界有数のシェフの1人です。自身の名を冠するレストランは、ミシュラン3つ星の評価。地元で採れた自然の材料を用いて、素材本来の風味を引き出すことが、彼のシグネチャーとして確立されたスタイルです。「私の料理を指揮し、意味を与えるのは自然なのです」と語るガニェールにとって、一皿一皿、調理から盛り付けまでの全てが芸術。風味だけでなく、フィーリングをも伝えるのが料理なのです。

Pierre Gagnaire
Pierre Gagnaire
 前例のない対話

デザイナート トーキョー 2019にて、自然・ワイン・デザイン・アートについての対話という、前例のないイベントが開催されました。ピエール・ガニェールの名を冠する都内のレストランにて、ミシュランの3つ星シェフがもてなしたのは、ペリエ ジュエと30人のスペシャルゲスト。同じくアーティザン・オブ・ザ・ワイルドとしてのフェロー、アンドレア・マンクーゾ が手掛けたメタモーフォシス グラスコレクションが花を添えるバンケットを魅了しました。メゾンのキュヴェに捧げられたスペシャルメニューとともに、魅力的な会話と驚きの瞬間に満ち溢れたイブニングパーティーは、デザイン マイアミ 2019に登場予定の内容に対するテイスティングでもあったのです。

 

新たに自然にコネクトする

メゾン ペリエ ジュエは、デザイン マイアミにて、「バンケット オブ ネイチャー」を初めて開催しました。再構築された自然が至る所に配されたイベントの中でも、ピエール・ガニェールがデザインしたメニューとしてお皿の上で表現された料理は、この上なく見事なものでした。食においての伝統的な構造を打ちこわし、一皿一皿の盛り付けにも意外性が溢れる、驚きの絶えないサービス。フローラルで複雑さをもつペリエ ジュエのキュヴェは、季節と自然が織り込まれたピエール・ガニェールの料理を、ワインペアリングとしても、素材の1つとしても、完璧に引き立てたのです。 

Share on

 


飲酒は20歳を過ぎてから。飲酒運転は法律で禁じられています。 妊娠中・授乳中の飲酒はやめましょう。お酒は適量を。©2019ペリエジュエ