BE2013KV

 

白い花と白い果肉のハーモニー
繊細かつ雄大なメゾンの象徴


ペリエ ジュエ ベル エポック 2013

Severine_resize

私はペリエ ジュエ ベル エポックを白い蘭と関連付けています。

偶然にも私の一番好きな花です。

私にとって、このキュヴェは、優美さ、優雅さ、繊細さ、活気

そしてその凛とした様、そのような白い蘭の持つ組み合わせと同様の

クオリティを持ち合わせています。

 

第8代目最高醸造責任者 セヴリーヌ・フレルソン

chef estelle
estelle

 

白い花の香り、ほのかに感じる赤い果実の味わい。

繊細な泡、エキゾチックなノート。

 

おすすめのペアリングメニューは「秋田産平鱸 ホワイトアスパラガスと日向夏」。

テイスティングしたとき、柑橘類、日向夏とのペアリングをすぐに思い浮かべました。ホワイトアスパラガスの苦みと、日向夏の甘味はこのキュヴェにぴったりのマリアージュです。

 

この軽やかなシャンパーニュは、どんなシチュエーション、どの時間帯でも愉しむことができる、素晴らしい可能性を持っていると思います。

 

― フランス料理「 エステール」(パレスホテル東京 6階)

シェフ マルタン・ピタルク・パロマー氏 

nemoto-san

アタックはミディアムでありながらも、シトラス系の柑橘のアロマを中心に、若干洋ナシのコンポートなどの香りや白桃など、非常に複雑な印象を与えます。フレッシュさも顕著に良く出ています

後味もきれいな酸が残り、ペリエ ジュエ ベル エポックの代名詞である「華やかでエレガント」であることから全くぶれていないキュヴェです。

 

素材の味を活かしたお料理にこのシャンパーニュを組み合わせることによって、味が立体的になります。

シンプルな魚のポワレなどと合わせるのもおすすめです。魚とお野菜、地産地消で、エステールのシェフのコンセプトともよく合うと感じました。

 

最初は細めのフルートグラスで飲んでフレッシュ感を愉しんでいただき、後半はふくよかなグラスに注いで、シャンパーニュのストラクチャーや熟成感を感じさせるようにすると、同じシャンパーニュでも2度愉しんでいただけます。

できればボトルでオーダーし、食前酒から、お食事を通してというシチュエーションでお愉しみいただくのがおすすめです。ハレの日に、気持ちが高揚するようなシーンに合わせていただくのに最適なシャンパーニュではないでしょうか。

 

― フランス料理「 エステール」(パレスホテル東京 6階)

シェフソムリエ 根本 雄一 氏 

Yanagi-san

輝きのあるイエローゴールドの液体の中を、

中心から美しく立ち上るきめ細かな気泡。

 

トップノーズは西洋サンザシを思わせるフローラルなアロマに、スダチやカボスなどグリーンなイメージの和柑橘。

時間とともにミント、アカシアの蜂蜜、ジンジャー、マジパンなどさまざまなフレーバーが広がっていく。

 

アタックは優しく上品で、きわめてクリーミーなテクスチャー。ピュアな酸味が生き生きと弾け、集中力のある果実味とハーモニーを奏でる。まるで天女の羽衣のごときエアリーさ。

植物の芽吹き、生物の蠢動を連想させる活力に溢れている。余韻には海辺をそよぐ潮風のようなヨード感。

 

じつにベル エポックらしいベル エポックだ。

― ワインジャーナリスト 柳 忠之 氏 

Share this page

Pre register
to become a member