200年に亘り受け継がれてきた英知

200年に亘り 受け継がれてきた英知

唯一無二のペリエ ジュエ独自のスタイルを守り続ける最高醸造責任者は、
200年にわたる歴史の中でたった7人しかいません。

エルヴェ・デシャンは、1993年にペリエ ジュエの7代目最高醸造責任者となりました。彼は、10年にわたり先代の醸造責任者が働く姿を横で見ながら仕事をすることで、メゾンのスタイルや独特のフローラルトーンなどを生み出す技をマスターしました。伝統を受け継ぐ重責を担い、デシャンは、メゾンの貴重な遺産を守り育てながら、その作品であるシャンパーニュを構成する一つ一つのクリアワインを生み出しています。

最高醸造責任者はテイスティングテストを何度も繰り返し、クリアワイン区画ごとに分け、メゾン ペリエ ジュエならではのエレガンスとフィネスを表現する独自のシャンパーニュを生み出すワインへと変身させます。 
「私はアーティストがクリエイティブな作業を行う時のように、総力を結集してシャンパーニュ造りに打ち込みます。それは、私の直感と、感性と、技量とが自然と一体となる瞬間なのです。」
エルヴェ・デシャン