unwavering style grape

揺るぎない スタイル

長年に亘り受け継がれてきた、フローラルなエレガンスとして名高く、
誰にも真似ることのできないスタイル。

それは、1811年、ピエール・ニコラ・ペリエとローズ・アデル・ジュエが結婚しメゾン ペリエ ジュエが誕生してから始まります。創業当初から決して妥協を許さない高い品質基準を持つメゾンは、トレーサビリティの分野におけるパイオニアとして模造品と戦い続けてきました。ヴィンテージの年をボトルに表示するようになったはペリエ ジュエが最初で、これに大手シャンパーニュ メゾンも追随しています。また、収穫が既存の品質規格を満たさない場合、ペリエ ジュエは品質を優先し、シャンパーニュの生産を断念します。品質に対して決して妥協しない姿勢という信念は今も受け継がれています。すばらしい出来映えのヴィンテージ・シャンパーニュは、その熟成を静寂なセラーに委ねられます。

この熟成により、各ヴィンテージに独自の個性を持ち、どれもペリエ ジュエのブドウ畑がもつ素晴らしい個性が引き立つシャンパーニュに生まれ変わります。世界最古のヴィンテージ・シャンパーニュ「ペリエ ジュエ 1825年」は、「エデン」、つまりこのセラーの心臓部に大切に保管されています。完璧さへの探求によって、ナポレオン3世やビクトリア女王の宮廷から始まり、今では世界でも一流のテーブルこそがペリエ ジュエを楽しむにふさわしい場となっています。モナコ公妃グレース・ケリーが、メゾンを象徴するアネモネで飾られたボトルを、お気に入りのシャンパーニュだと公言して以来、「ペリエ ジュエ ベル エポック」は長年に亘りモナコの社交界パーティ「ローズ ボール」になくてはならない存在となっています。