THE ART NOUVEAU, A DAY-TO-DAY PHILOSOPHY

アール・ヌーヴォー 日常を彩る哲学

1902年にボトルに描かれた日本のアネモネ
これがペリエ ジュエとアールヌーヴォーとの最初の出会いとなります
そのストーリーは現代まで色あせることなく
日々の生活に詩情と美しさを注ぎ込んでいます

自然からもたらされるインスピレーション、日々の生活に美しさを吹き込みたいという願い。ペリエ ジュエのスタイルはアール。ヌーヴォーの精神と完璧なまでに共鳴しています。ペリエ ジュエと様々なアーティストとのコラボレーションは数々の芸術作品を生み出し、日々の生活をより美しく彩ります。1902年、アール・ヌーヴォーの中心的なアーティストのひとりであったエミール・ガレが、ペリエ ジュエのボトルにゴールドで縁取られたアネモネを描きました。

この貴重なボトルは、インスピレーションの源である自然に対する心からのオマージュであり、曲線を描く白い花の姿は、ペリエ ジュエ シャンパーニュのフローラルで繊細なスタイルそのものとして、やがてメゾンを象徴する存在となっていきます。以来、ペリエ ジュエは、ダニエル・アーシャム、ノエ・デュショフール=ローランス、東 信(あずま まこと)、トード・ボーンチェといった一流アーティストを招き、シャンパーニュを愉しむというテーマのもと、美しいだけでなく、メゾンとアール・ヌーヴォーとの密接な関係性を表現する場として、インスタレーションなどの独創的な作品を誕生させることで、芸術とのマリアージュを実践し続けています。