anemone

アネモネ 芸術作品として

1902年、「ベル エポック」のボトルに日本のアネモネが描かれます。
このアネモネは時の流れと共に、崇高さ漂うメゾンの象徴となりました。

1900年代初頭、自然にある線や動きにインスピレーションを得て、日々の生活に美しさや詩情を誘うアール・ヌーヴォー芸術運動が起こります。その価値観は、メゾン ペリエ ジュエの理念と共鳴するものでした。アーティストであり、ガラス工芸の巨匠でもあったエミール・ガレはこの芸術運動を牽引したひとりでした。

彼が、1902年にゴールドで縁取られたアネモネを描き、1本のボトルを芸術作品へと昇華させました。その後、1964年のヴィンテージ・シャンパーニュを詰めたアネモネのボトルは「ペリエ ジュエ ベル エポック」として世の中に誕生します。これがアール・ヌーヴォーとメゾンとの初のコラボレーションでした。そのストーリーは現代まで色あせることなく、日々の生活に詩情と美しさを注ぎ込んでいます。