Belle Epoque 2011

コントラストに満ちた1年が生み出した、ペリエ ジュエのスタイルを完璧に表現する逸品。

Belle Epoque 2011 bottle

シャンパーニュ メイキング ノート

丹念に造られたシャンパーニュ

ペリエ ジュエ ベル エポック 2011は、コントラストに満ちた1年が生み出したキュヴェです。

2011年の気候は、穏やかな冬の後、夏のような気温で晴天続きの春が続き、例年より早いブドウの開花を迎えました。その後は雨が多く涼しい夏となりましたが、8月末には日差しが戻り、ブドウを完熟させました。ブドウの収穫が早まった結果、フレッシュ感と優雅さの完璧なバランスを湛えたワインが完成しました。

クラマン、アヴィーズのグランクリュで作られたシャルドネ(50%)は、フレッシュ感と優雅さを引き出し、モンターニュ・ド・ランスのピノ・ノワール(45%)は、芳醇さと繊細な複雑さを表現、またディジーのピノ・ムニエ(5%)は、レッドフルーツ特有のまろやかな魅力で、このギュヴェのバランスを完成へと導きました。

ペリエジュエのセラーで熟成させた後、軽いドサージュを加えることで、驚くほど調和の取れた素晴らしいヴィンテージに仕上がりました。

セパージュ:シャルドネ50%、ピノ・ノワール 45%、ピノ・ムニエ 5%

ペリエ ジュエが200年にわたり守ってきた伝統の秘密に迫る

 

特徴

快活さと洗練のバランスがとれた、フレッシュ感に満ちたシャンパーニュ

最高醸造責任者 エルヴェ・デシャンは、メゾンのスタイルを守りつつも、2011年のヴィンテージが備える類まれな個性をバランスよく表現しました。

外観:

淡いイエローの中で、持続性のあるグリーンの細かな泡がほのかにきらめきます。

香り:

アカシアとリンデンバウム(菩提樹)の花々を思わせるフローラルな芳香を、ハチミツの淡い香りが引き立てます。続いて、アーモンド、白桃、洋ナシのみずみずしいアロマが、砂糖漬けのシトラスピールの香りに包まれます。

味わい:

力強い第一印象の後に、白い果実のアロマが広がるフレッシュ感が驚くほど持続し、ミネラル感のある余韻を残します。

ビューティング:ペリエ ジュエが提案する料理とのマリアージュ

ベル エポック 2011との 完璧なマリアージュ

活き活きとしてエレガントなペリエ ジュエ ベル エポック 2011は、塩味の効いた新鮮なシーフードや柔らかな鶏肉の繊細な風味、甘さを控えフルーツそのものを味わえるデザートなどによく合います。

10℃から12℃の最適な温度でお召し上がりいただければ、視覚と味覚を同時に満足させるすばらしい組み合わせになるでしょう。

ペリエ ジュエのビューティングを探る

エキスパートのコメント

ペリエ ジュエのスタイルを 完璧に表現する逸品

「ペリエ ジュエ ベル エポック2011は、爽快なフレッシュ感や、なめらかさと酸味の見事なバランスを表現する、驚くほど調和の取れたヴィンテージです。生命感と気品が織りなす絶妙なハーモニーをお愉しみください。」

最高醸造責任者、エルヴェ・デシャン